Home > 金属材料技術に関するコンサルティング業務
金属材料技術に関するコンサルティング業務

業務の範囲

鉄鋼材料を中心として超合金、コバルト、チタン、マグネシウム合金など幅広い金属材料の開発から溶解、精錬、鋳造、圧延などの製造技術、鍛造、切削、熱処理などの加工技術に携わった経験をもとに、新たな金属製品の開発にあたって当該材料の成分設計からその試作、量産化における技術的課題の解決への技術的支援を行います。
中でも得意な分野は特殊鋼の製造・加工及び開発です。
また、現製造工程の改善や効率化についての診断や提案も行います。

コンサルティングの方法

上記のお仕事の中でお困りの方、課題をお持ちの方は、先ず「電話」、「E-メール」あるいは「お問い合せフォーム」にてご一報下さい。お伺いしましたお問い合せやご相談の内容については「秘密厳守」にて対応させて頂きます。
上記の方法だけでは表現でない内容の場合には、当社へお出で頂くか、あるいはこちらから皆様のところにお伺いさせて頂き直接お話しを聞かせて頂くことも可能です。
報酬等につきましては、お話しを伺った上でお見積もりをさせて頂きます。また、業務の遂行にあたっては「単発の相談業務」または「期間を定めた顧問契約による支援業務」などご要望を反映させ最適な方法を検討させて頂きます。

技術コンサルタント・福住達夫のプロフィール

略歴
1972年 3月 早稲田大学理工学部修士課程卒業
同年 4月 三菱製鋼株式会社入社
2007年 9月 同社を定年退職(最終役職は技師長)
同社においては、特殊鋼鋼材、素形材の分野で製造、生産技術部、品質 保証、材料開発の各部門を経験し、製造技術の改善、新材料の開発、新工場の立ち上げ、新事業の企画等の業務に携わった。
1979年~1980年には、カナダ、Hamilton市に在るMcMaster大学に留学。J.S.Kirkaldy博士の下で、鋼の相変態の熱力学的取扱いとその理 論を利用した鋼の変態特性予測方法について学ぶ。
2006年には、自動車用ばね鋼に関する研究論文に対して、日本ばね学会より技術賞を授与された。
2008年 6月 (株)プランニングボックス企画を設立し、代表取締役に就任
2009年 2月~ 高強度鉄筋用鋼材の開発及び製造技術確立支援

 

保有資格及び所属団体

エックス線作業主任者、工業標準化品質管理推進責任者
社団法人日本鉄鋼協会正会員、社団法人日本金属学会正会員



ご相談・お問い合わせ等はこちらから
電話:050-8014-8392 または 090-7815-1141
E-メール:info@planning-box.com
メールフォーム:お問い合わせフォーム